アルファフィナンシャルエキスパーツのエキスパート(専門家)は、高度な専門的スキルと経験(expertise)、独立性(independence)を有し、プロフェッショナルとしての誠実性(integrity)を重視しています。訴訟や係争、規制対応、金融機関や株主、取引先との交渉など、必ずしも友好的ではない状況において、損害額や株式価値、様々な経営上の課題について、立場の異なる当事者やステークホルダーが納得できる合理的な評価や助言を通じて問題解決を支援しています。

損害算定

近年、我が国企業が当事者となる国内外での訴訟や係争、国際仲裁などが増加しています。これらの一部は、潜在的な損害賠償額が多額となり、企業経営に重大な影響を及ぼす場合があります。損害...

詳しくはこちら

株式価値評価

スクイーズドアウトを伴う組織再編における株式買取請求事件や、非公開企業の譲渡制限付株式の価格決定申立事件、ジョイントベンチャーの株式譲渡に係る国際仲裁など、株価の公正価値が争われ...

詳しくはこちら

財務アドバイザリ

従来、M&Aや組織再編において、価値評価は専門的領域とみなされ、第三者評価機関に依頼すれば事足りるという理解が一般的でしたが、近年、価値評価に係る公正性をどう担保...

詳しくはこちら

知的財産サービス

今日、わが国企業のビジネスは様々な技術に立脚し、知財権利関係はますます複雑なものとなっており、これにともないわが国企業が当事者となる国内およびクロスボーダーの係争が増加しています...

詳しくはこちら

競争法サービス

独禁法関連のリスク管理が、M&A の成功に重要な影響を与えることがあります。我が国を含む主要国の競争においては、一定の取引分野における競争を実質的に制限することに...

詳しくはこちら

ステークホルダー対応支援

近年、外国人株主の増加、持ち合い株式の解消など、わが国企業の株主構成が変化しつつあります。同時に、コーポレートガバナンスコードや機関投資家向けのスチュワードシップコード導入を契機...

詳しくはこちら